特別送達とは?どんな書類が送られてくる?※【徹底解剖!】

特別送達とは?どんな書類が送られてくる?※【徹底解剖!】

特別送達とは?どんな書類が送られてくる?※【徹底解剖!】

特別送達とは裁判所や公証役場からの民事訴訟などについての書類を関係者に送達して、配達したことを配達人に報告するというものです。封筒には特別送達と書かれていますのですぐにわかります。また特別送達は郵便の配達人から直接本人に手渡されることが原則となっています。受け取る時には必ず本人の署名か印鑑を押さなければいけません。またもし本人が受け取りを拒否したとしても特別送達となっている郵便物を郵便ポストの中に置いてくることで受け取ったとみなされますので、裁判はそのまま進められることになります。しかし郵便物を置いていかなかった場合には受け取ったということにはなりませんので裁判は進められず、その分遅れてしまいます。本人がいなくて受け取りができなかった場合には不在通知が置かれています。不在だった場合は郵便局に1週間ほど保管されますが、それを過ぎると返送されてしまいます。するとまた裁判所等から特別送達が送られてくるという流れです。もし書かれていたことを無視した場合、それが出廷命令であれば本人欠席のまま裁判が進められて結審となる可能性も出てきます。もし特別送達が来た場合にはすぐに受け取るか、不在通知ならすぐに郵便局へ連絡をしましょう。例えば同居人や家族がいたとして、代わりに受け取れるにも関わらず受け取りを拒否した場合には差置送達ということで、配達が完了されたことになるので注意しましょう。とても大切な書類であることは心にとめておかなくてはいけません。