借金のことならまず弁護士へ相談!不安を抱えないためのメソッド

借金のことならまず弁護士へ相談!不安を抱えないためのメソッド

借金のことならまず弁護士へ相談!不安を抱えないためのメソッド

借金が返せなくなってしまうと不安に感じる人も多いでしょう。弁護士に相談をすると、それが原因で社会的に何か問題が生じるのではないかと考える人もいるようです。たとえば、弁護士に借金の問題を相談し、自己破産を進められてその通りにした結果、選挙権がなくなってしまったという、根拠の乏しい噂が流れているようですが、これは正しい情報だとは言えないでしょう。

そもそも、自己破産をすることで選挙権がなくなることはありません。また、被選挙権がなくなることもありません。自己破産は法律に定められた手続きですから、それをすること自体に違法性はありませんから、民主主義国家を支える選挙という制度に参加できなくなることはないのです。ほかにも、戸籍に情報が登録されると言われることもありますが、これもありません。誤った情報を元にして相談を躊躇するべきではないでしょう。

弁護士に相談をした場合、その情報が後悔されることはないでしょう。そんなことをしていれば信用問題となりますから、弁護士としても内容をほかに漏らすことはないのです。相談するだけで何かが行われると言うことはありません。ですから、とりあえず相談だけでもしてみるというのは良い方法です。すでに借金がたくさんあって、どうしても返済ができないというような状態になっているのであれば、早めに相談をした方が良いです。誤った情報で右往左往しないようにするためには、早めの相談がおすすめです。